Category[ お知らせ ] - かとうまさゆき Kato Masayuki Photo Channel
FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANON 「アニマリウム」 ホームページ更新

2018年12月19日 13:05

20181219_sアニマリウム更新

 本日、キヤノンマーケティングジャパン株式会社のホームページ 体験型環境教育サイト「アニマリウム」が更新されました。このサイトは町・川・海・山の4つのステージで自然を体験するというもので、私がHPを担当しています。今回は世界で日本の北広島町でしか見る事が出来ないという不思議な樹木を紹介しています。是非「アニマリウム」のホームページをご覧下さい。

□体験型環境教育サイト「アニマリウム」は下記のURLよりご覧下さい。
https://cweb.canon.jp/ecology/animarium/index.html

□テングシデは”写真でまなぼう 生きもの・自然のふしぎ”からご覧いただけます。
https://cweb.canon.jp/ecology/animarium/mystery/plant/

スポンサーサイト

キヤノンフォトクラブ水戸の写真展開催

2018年11月04日 06:12

CPC水戸写真展案内状a

 <キヤノンフォトクラブ水戸の写真展の案内状>

 本日キヤノンフォトクラブ水戸の写真展が開催されます。開催場所はに「サントル千波」(水戸市千波町1981番地)で本日午前9時から開催いたします。キヤノンフォトクラブ水戸は昨年からデジタルを本格的に指導を始めた会で、まだ1年も経っていませんが代表の水谷氏の指導のお陰で、めきめきと会員全体のデジタル技術のレベルがアップしています。私の写真も特別出展で1枚全倍で展示しております。まだ指導を始めたばかりですが、会員全体がレベルアップして来ているので、お近くの方は写真展をご覧いただければ幸いです。

キヤノンHP アニマリウム更新

2018年07月09日 13:00

20180709_アニマリウム更新
 
 本日、私が担当するキヤノンホームページ 「アニマリウム」が更新されました。お陰様でアクセス数が右肩上がりになっています。ご覧をいただいている皆さん本当にありがとうございます。今回の更新は夏向けに昆虫をアップしました。キヤノンのマクロレンズを駆使して昆虫の顔のアップしているので、ご覧いただければ幸いです。内容は写真で学ぼうということで「生きもの・自然の”ふしぎ”」が追加されました。その中で今回は昆虫の顔のアップから生きもの名前を探してみてください。また、写真でしか見ることが出来ない瞬間もあるので、自然界で昆虫が生き延びていく様子もご覧下さい。

□キヤノンホームページ 「アニマリウム」へ行く

キヤノンフォトクラブ岡山 第35回写真展開催のお知らせ

2018年04月03日 11:57

2018岡山写真展用写真_横山
 <2017年最優秀年度賞受賞作品 作品名「魚」 横山澄子さんの作品>

2018CPC岡山写真展案内s


 4月10日(火)から私が担当するキヤノンフォトクラブ岡山の第35回写真展が開催されます。デジタルの指導を初めて2年が経過しましたが、会員の多くはデジタルの基礎が理解できたようで、質感描写が徐々によくなってきています。デジタルを自己流で行う方が多いなかで、基礎が理解出来るようになってきたので、作品の質は担当したときよりも向上しています。s完璧とはいきませんが、質の高い作品を見る事が出来るので、是非写真展をご覧頂ければ幸いです。
 また、デジタルを楽しみたい方や習いたい方は会場で、キヤノンフォトクラブ岡山の石田さんまで連絡してください。

キヤノン アニマリウム更新 「冬の山」「冬の海」

2017年12月04日 13:10

sCANON_アニマリウム20170321公開
<キヤノン アヌマリウム紹介記事>

 本日、12月4日(月)13時にアニマリウムの「冬の山」「冬の海」を公開いたしました。今回は冬の山と海の生き物たちを中心に紹介しています。冬の生き物たちの厳しい自然への営みや厳しさをアニマリウムを通して拝見していただければ幸いです。春・夏・秋と四季を通じて自然の楽しさや営みを紹介していきましたが、今回の冬のシーズンをもってこのシリーズは完結いたします。来年からは新たな自然の営みや自然現象などの楽しみ方を紹介していきますので楽しみにしてください。

 新しいキヤノン アニマリウムは下記のURLよりご覧ください。
 冬の山  http://cweb.canon.jp/ecology/animarium/web/stage/mountain/winter/
 冬の海  http://cweb.canon.jp/ecology/animarium/web/stage/sea/winter/

キヤノンフォトクラブ飛驒 写真展開催

2017年10月11日 18:04

20171012_CPC飛騨写真展開催ハガキ

 10月12日(金)よりキヤンフォトクラブ飛驒の会員による作品展が下記の日程で開催されます。2年程前から添削の指導を始め、デジタルの基礎指導を行ってきました。会員の方たちはとてもデジタルに熱心で、指導前はフイルムの撮り方をしていましたが、今はデジタルの基礎が理解したことで、デジタルの撮影術に変わっています。昨年は会員の皆さんの人隣を知るために飛驒高山を訪れ、交流をはかりました。2年に及ぶ指導の成果が作品展で結集いたしましたので、是非ご覧いただければ幸いです。私の写真も全倍サイズで二枚展示予定です。こちらもご覧いただければ幸いです。

 写真展開催日時 10月12日(金)~15日(日) 9:00~19:00
             最終日は17:00で終了
 開催場所      岐阜県高山市文化会館 2階 展示室

7月22日(土)気仙沼海の市で講演会及び写真撮影会開催

2017年07月10日 08:20

s20170722_教育委員会撮影講習会

 宮城県気仙沼市の海の市で7月20日から水産庁「漁港漁場漁村海岸写真コンクール入賞作品気仙沼展」が始まります。 気仙沼港海事振興会と気仙沼市教育委員会が主催する写真展で、その一貫で私が「全国の海に関する優れた写真作品に触れるとともに、写真技術の技術講習会を開催することで、当地域の写真愛好家更なる技術向上を図り、「海と生きる」 気仙沼の自然・風土・静物のすばらしさを再発見するために講演及び撮影会を行います。講演及び撮影会は入場の無料ですが事前申込みが必要となりますので気仙沼市教育委員会生涯学習課文化振興係「0226-22-6000(内線513)」まで連絡先してください。



第36回 キヤノンフォトクラブ浦和 写真展開催

2017年06月27日 09:49

20170628_cpc浦和写真展案内120170628_cpc浦和写真展案内2

 2017年6月28日(水)より埼玉県さいたま市の埼玉県立美術館でキヤノンフォトクラブ浦和主催による「第36回 キヤノンフォトクラブ浦和 写真展」が開催されました。このクラブはデジタルの基礎を指導しており、今回の作品もすべてキヤノンのプリンターを使って会員がプリントアウトして作品になっています。撮影時から明るさや色合いの精度を高めた撮影の結果がプリントアウトに凝縮されています。プリントアウトではここまで表現できるのだとういう作品を鑑賞していただければ幸いです。テーマは「静 &/or 動」で、動きのある作品と静止した写真を会員が2枚ずつ展示しております。開館時間は午前10時から午後5時30分で7月2日(日)まで開催されています。是非会員がプリンターでプリントアウトした作品に興味のある方はご鑑賞していただければ幸いです。 

I20170627_浦和写真展1
<キヤノンフォトクラブ浦和会員の集合写真>
I20170627_浦和写真展2
 <会員が集まって自分の作品をプリントアウトしている>I20170627_浦和写真展3
 <プリントアウトした作品の明るさや色合いを確認>



全日写連 鹿児島県本部 写真展開催

2017年04月24日 17:23

20170425_全日写連鹿児島写真展1

20170425_全日写連鹿児島写真展2

鹿児島県鹿児島市の鹿児島市立美術館で全日本写真連盟 鹿児島県本部の写真展が開催されます。開催期間は4月25日(火)~4月30日(日) 午前9時30分より午後6時(最終日は午後5時)まで開催いております。全日本写真連盟 鹿児島県本部には日頃からお世話になっておりますので、是非会場に足を運んでいただき、写真の楽しさを見ていただきたいと思います。城間の多くの方が作品を出品しているので、是非会場に足を運んでください。


CANON環境教育Webサイト アニマリウム公開

2017年03月21日 10:00

sCANON_アニマリウム20170321公開

 本日3月21日10時にキヤノンホームページにアニマリウムが公開されました。生きものや自然の“ふしぎ”を探し、撮影し、集めるといった疑似体験を通じ、楽しみながら環境や生物多様性というテーマに触れていくものです。山や海、川、町に繰り出しながら実際の生きものや自然現象を見つけながら、生物の多様性を学んでいきます。そのアニマリウムの制作を依頼され、本日ようやく春の町と春の川がキヤノンのHP上で公開されました。このサイトは小学性でも楽しめるような内容になっています。Web上で生き物を見つけながら写真撮影し、疑似体験を通して環境教育を学んでみていただければ幸いです。
 今後は6月に夏シーズン、9月に秋シーズン、12月に冬シーズンを公開予定です。

キヤノン アニマリウムのホームページへのアクセスは下記のURLをクリックして下さい。
http://cweb.canon.jp/ecology/animarium/index.html


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。