Category[ ワークショップ ] - かとうまさゆき Kato Masayuki Photo Channel
FC2ブログ

札幌雪まつり撮影会

2015年02月07日 20:26

20150207_2_.jpg
 <大通り公園のダースべーダー>
 今日は撮影会当日なのでもう一度大通り公園の会場に下見にきました。昨日と違い昼間なので日の巡りも違っています。今回の「~SIGMAレンズ“Artシリーズ”を体験~札幌雪祭りの撮影会」でも同じで、まずは撮影のコツをレクチャーした後に撮影会を始めるので、撮影するポイントの下見をしてきました。

20150207_3_.jpg
 <会場ではライトアップと同時に多くの方がカメラで撮影を開始>

 別の会場でレクチャーした後はいよいよ撮影会開始。受講生を連れて夕方から日没にかけての撮影が始まりました。
会場はライトの明るさは刻一刻と変わるので、明るさを露出補正で出来るだけ正確にヒストグラムを合わせるように事前指導したので、とても満足のいく明るさになっていたようです。

スポンサーサイト



写真展「原点回帰」始まる

2014年06月06日 07:14

20140606_富士フォトサロン札幌にて640pixel
 <新たな写真比率サイズ19:6の全倍の前で>

 本日6月6日より富士フイルムフォトサロン札幌でデジタル写真術ワークショップ 第一期塾生による作品展「原点回帰」が始まります。デジタルの色の再現や質感を表現するため、ワークショップで学んだ技術を駆使して、生徒14名のそれぞれの想いを込めた作品展になっています。
 今回の作品は19点の全倍サイズの作品を中心に32点が展示されています。また、新たな写真比率サイズ19:6の全倍サイズ(テレビの42インチに匹敵するサイズ)も6点展示しています。この比率サイズは今後注目される作品のサイズになりそうなので、是非ご覧いただければと思います。
 今回はデジタルの作品ひとつ一つの質感を中心に見ていてだけけば、新たなデジタルの表現が広がると思われます。
 開催は6月11日(水)午前10時から午後7時までで、土・日曜日も開催しています。
 6月7日(土)1時より写真展会場会議室で「ストロボマジック」の講演があります。日頃使いこなせていないストロボの使い方を分かり易く解説する内容ですので、是非ご参加ください。

「原点回帰」 ~Digital Photo Standard Practice~ 作品展開催のお知らせ

2014年05月22日 18:20

s札幌作品展はがき表ver8

 2014年6月6日(金)~11日(水)午前10時~午後7時まで富士フイルムフォトサロン札幌でデジタル写真術ワークショップ第1回写真展 「 原点回帰 」~Digital Photo Standard Practiceを開催するにいたりました。デジタルの持つ色の再現性と質感描写、表現力を高めることを目的とし、少人数制で各個人の持つ色の識別認識に合わせた指導を行ってきました。色の概念や質感描写、表現力を中心にした自己の持つ能力を引き出し成果が作品に現れていると思います。塾生たちのそれぞれの思いを17枚の全倍で表現し、総数31点の作品は見応えのあるものになっていますので、是非ご覧いただければと思っております。
 また、6月7日(土)午後1時より会場会議室でデジタル写真術ワークショップを開催いたします。今回はストロボテクニックを中心とした講演及び塾生たちとの交流を行いますので、こちらにも参加いただければと思っております。
 詳しくは右欄のカテゴリーのお知らせの「富士フォトサロン札幌でフォトフォークショーの開催」をご覧ください。

台風の影響で今日も羊蹄山は雨

2013年09月16日 14:15

20130916_1_ニセコ
 <雨の羊蹄山>

 2日目も台風18号の影響で朝から雨降りが続いていました。朝起きてすぐに少し雨が小振りになったので羊蹄山が見えるポイントに移動して撮影を行いましたが、雨が強くなり中断。それならばとカンパリーニ藤山の体育館を借りて、撮影指導を行いました。卒業生は二手に分かれて雨のラフティングと汽車を撮影する班と撮影の基礎はピント合わせと絞りの関係を習得する班に分かれて行動しました。あいにくの雨の中でしたが楽し二日間を過ごす事が出来ました。
 雨の時は雨なりの撮影する被写体がある。雨でも撮影できると言うことが理解していただければ撮影会は大成功です。

20130916_2_ニセコ

旧双葉小学校校舎

2013年09月15日 13:52

20130915_1_旧双葉小学校
 <旧双葉小学校の子供たちが残したレリーフ>

この日はかとうまさゆきデジタルワークショップ札幌一期生の集まりがニセコであるので参加しました。あいにくニセコは台風18号の影響で朝から雨でした。ニセコに向かう途中に喜茂別にあるこの旧双葉小学校を訪れました。そこには当時の思い出が沢山あり、目に付いたのが卒業制作で作った手形のレリーフです。「MKくん君は今いずこ」小学校の思いでは大人になってもわすれることはありません。心は喜茂別にあり。


20130915_2_旧双葉小学校
 <資料室に残された時代を感じる品々>
20130915_3_旧双葉小学校
 <アスパラガスで作っていたウィスキー>

札幌で4回目のワークショップ開催

2013年07月14日 23:18

20130714_b_WS.jpg
 <知事校舎にて>

この日は第一期生のデジタル写真術ワークショップの4回目が行われました。
今までの復習と応用を兼ねた撮影術の学習会を行いました。最終回は3日間の開催で1日目はレンズの貸し出しと撮影、2日目は撮影実習と講評、3日目はストロボの撮影実習を珈琲ショップを借り切って撮影を行いました。

20130715_a_WS.jpg
 <珈琲ショップを借り切ってストロボ撮影> 

 一期生最後の学習はストロボ撮影術で、ケーキを教材に綺麗で美味しそうに見える為のストロボ撮影術の活用実でした。ストロボの光りの回し方や調光補正の学習で、ストロボの活用術を学ぶワークショップでした。
 一期生のデジタル写真術ワークショップは全て終了し、この次は一期生の卒業写真展に向けての指導が始まります。

第3回デジタル写真術ワークショップ札幌2日目

2013年05月19日 23:32

20130519_トーンカーブエディターの説明2
 <三菱電機のトーンカーブエディターの説明>

20130519_プリント実習
 <CANONのDPPとPrint Studio Proを使ってのプリントアウト実習風景>

 第3回のデジタル写真術ワークショップではCANONさんのプリンターPixus Pro-100と三菱電気さんのディスプレイRDT-241WHとRDT-241WEXを借りて、プリントアウトの実習を行いました。午前中はディスプレイでAdobeRGBとsRGBの色再現の表示比較を行い、ディスプレイで表示し色をプリントアウトさせた状態をディスプレイに表示させるトーンカーブエディターについての解説を行いました。
午後はモニタに表示した作品をプリントアウトして、そのプリントアウトした色や構図を見ながら精度の高いモニターで修正を行いました。やはりキャリブレーションした正確な色表示できるディスプレイを使っての調整なので、プリント出力した色を見た受講生は色再現の大切さが少しずつ理解できているようでした。
 そのためにカメラ・モニター・プリンター・用紙のICCプロファイルがすべて一致して初めて撮影時に見た色とプリントした色が一致することが出来る、そのためには各機器の設定が正しくセットされているかを確認しました。
 今回のデジタル写真術ワークショップの成果は撮影時のヒストグラムの正確な決定とモニターとプリンターの精度が高ければ高いほど、濁りのない美しいで作品表現が出来るという事が理解できたようです。
 デジタルの基礎の大切さとその技術を知れば知るほど、写真の楽しさと魅力にはまっている受講生の笑顔が印象的な2日間でした。

第3回デジタル写真術ワークショップ札幌開講

2013年05月18日 23:31

20130518_2_ヒストグラムの説明
 <デジタル写真術ワークショップでヒストグラムの説明>

20130518_3_撮影実習_中の島公園1
 <デジタル写真術ワークショップで中島公園でのヒストグラムの実践撮影>

 第3回目を迎えたデジタル写真術ワークショップが始まり、教育文化会館で開講しました。この日の午前中は色再現するためのヒストグラムの見方についての講義を行いました。ヒストグラムの中に色再現の要素が含まれていて、ヒストグラムを見ただけで色の再現できるかどうかがひと目で分かるという大切な要素を表示していると言う意味がまだ理解できていないようでした。そのため午後はヒストグラムが撮影前に表示できるキヤノンのデジカメを使っての撮影実践を行いました。デジカメをライブビューにして、後ろモニターで画面を表示させ、撮影前にヒストグラムを確認しながら撮影指導を行うと、明るさ・色・ピントを合わせた位置・ボケの確認など作品になったイメージを表示してくれるシュミレーション機能を活用できるので、この機能を使って撮影を行うようになってくれました。
 この撮影実習で撮影時にヒストグラムを正確に決定する大切を学んでいました。

桜満開の札幌へ

2013年05月17日 20:55

20130517_1_中野島公園
 <中島公園に咲いていチシマザクラ>

_28A2371.jpg
 <関東地方の田んぼは水張りが始まりました>

 デジタル写真術ワークショップの実技指導のために札幌にやってきました。東京は初夏の陽気でしたが、札幌はようやく春を迎える季節となっていました。飛行機の上からは見る地上は霞がかっていましたが、関東地方では田おこしが終わり水入れが始まっていました。東北にかけては田おこしが始まっています。
 新千歳空港に降り立つ時に見た景気はまだ春浅く、コブシの花が至るところで白く咲き誇っていました。
 その後明日の撮影会の会場である中島公園を散策すると至る所に桜が満開で、北海道の春を感じました。その中でチシマザクラを見つけました。満開となった花びらと蕾はピンク色がひときわ鮮やかなとても美しい桜です。北海道の方はごくごく普通に見られるのですが、その他の地域では見ることが少ない美しい色の桜です。札幌の桜はゴールデンウイーク過ぎに満開となるのですが、今年はとてもラッキーで例年より開花が10日以上も遅れたので、美しいチシマザクラを堪能する事が出来ました。

第2回デジタル写真術ワークショップ札幌 3日目

2012年11月25日 22:36

20121125_札幌WS_1
 写真は手前からキヤノン Proー1 Pro-10 9500mkⅡ Pro-100 9000MkⅡの比較写真

 第2回デジタル写真術ワークショップ 3日目では昨日のISO感度を上げて撮影した作品のノイズ処理を中心の現像処理の勉強をしました。今回はキヤノンのプリンター Proー10 顔料インクプリンターを借りて、デジタルレンズオプティマイザー処理とノイズ処理をし作品をプリントアウトして、ノイズ処理前と処理後の比較を自分の作品で確認してもらいました。その前に私が撮影した作品で色合いや彩度、染料インクと顔料インクの違いを見てもらうために事前にキヤノンでProー1 Pro-10 9500mkⅡ Pro-100 9000MkⅡの比較写真を印刷していただきました。その5種類のプリンターの色の違いをとくと見ていただき、Pro-10とPro-100は以前の9500mkⅡや9000MkⅡより印刷スピードが早くなったことや色の違いをそれぞれの作品で確認しました。
 今回のワークショップで皆さんの笑顔を見て、ようやく会員の方達が自分の能力を認識し始めたので、写真の楽しさが分かってきたように思えました。



最新記事