Category[ 関東 ] - かとうまさゆき Kato Masayuki Photo Channel
FC2ブログ

小江戸川越 「時の鐘」

2017年06月09日 22:54

20170609_1_川越_ときの鐘
 <埼玉県川越市 時の鐘>

 明日、大宮で講演があるので、夕方大宮駅についてから川越に向かい、小江戸の町並みを見学してきました。明治二十六年の川越大火で町の三分の一が焼けてしまいましたが、江戸時代から続く町並みが今も残されています。江戸時代の建物が現存しているのでタイムスリップしたよう雰囲気なのですが、古き建物の中にも近代的な仕様が入り乱れ不思議な町並みを形成していました。この小江戸川越のシンボルである「時の鐘」を見たさに訪れたのですが、夕暮れが迫り雰囲気のある「時の鐘」町並みと
鐘の音が鳴り響く時間に間に合いました。この建物は江戸時代初期に川越藩城主である堺忠勝が建設しされました。その後何度か消失したのですが、明治二十六年川越大火の消失し、その翌年に再建された建物が四代目の建物で、現在に至っています。高さは16メートルほどあり、正時になると自動で鐘をつき時刻を知らせています。鐘の音が響くときには観光客で周りが一杯になるほどで、環境庁の「残したい日本の音風景百選」に選ばれています。

20170609_3_川越小江戸横町
 <裏路地も雰囲気のある風情を醸し出しています>20170609_2_川越小江戸横町
 <明治二十六年の川越大火で街の三分の一が焼けてしまいましたが、江戸時代からの町並み>





[小江戸川越 「時の鐘」]の続きを読む
スポンサーサイト


最新記事