Archives[ 2013年09月 ] - かとうまさゆき Kato Masayuki Photo Channel
FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は二隻が出航

2013年09月30日 12:10

20130929_9_第38福徳丸
 <第三十八福徳丸>

20130929_10_第81大喜丸
 <第八十一大喜丸>

 この日は二隻の漁船が気仙沼港より出港していきました。遠洋まぐろ漁の第三十八福徳丸はオーストラリアやアフリカ沖で操業するので半年以上は家族の元に戻れません。一方第八十一大喜丸は近海マグロ延縄漁船なので、操業期間は短めになります。この船は今年三月に進水した新しい船で、復興する気仙沼の水産業を担う頼もしい船です。二隻の船の大漁と航海の安全を願っています。行ってらっしゃい。
関連記事
スポンサーサイト

解体11日目の共徳丸

2013年09月29日 15:01

20130929_1_共徳丸
<解体11日目の共徳丸>

20130422_共徳丸
<桜の頃の共徳丸>

 解体11日目の共徳丸は船首と船尾が取り除かれて、だんだん船の形が無くなってきています。共徳丸が少しずつ解体されていくなくで、この鹿折地区の地盤の上げが少しずつ始まっています。
関連記事

kesennuma2014 Fishermans Calender

2013年09月29日 13:22

2014漁師カレンダーWEB


気仙沼のかっこいい漁師をカレンダーにした「kesennuma2014 Fishermans Calender」が発売されます。
詳しくは http://rias-kanko.com/calender/ を見てください。
漁師さんは、かっこいい。
関連記事

「市場で朝めし」は大盛況

2013年09月29日 12:22

20130929_7_市場で朝食
 <サンマを焼く人たちは汗だく>

 今年で2回目となる「市場で朝めし」が宮城県気仙沼市場で開催されました。8時とともに会場は会場のテーブルは満席なるほどの大勢の方が来場しました。会場はサンマを焼く香ばしい臭いに包まれ、秋の味覚であるサンマに舌鼓していました。気仙沼港に水揚げされた新鮮なサンマを炭火で焼き、サンマのすり身汁、白飯と朝めしセットがメインで、気仙沼の特産品も店をだしていました。出船送りなどを行っているつばき会や市民有志の皆さん大盛況おめでとうございます。

20130929_3_市場で朝食
 <市場の中はあふれんばかりの人たち>

20130929_6_市場で朝食
 <つばき会のトレードマーク 黒のはっぴに白の気仙沼の文字>
 
関連記事

その後の共徳丸

2013年09月20日 19:12

20130920_5_共徳丸
 <解体2日目の共徳丸>

 気仙沼の記録を撮影するために定点でいろいろな場所を撮影しています。その一つに共徳丸が有ります。変わり果てていく共徳丸の様子を比較ながら記録しています。

20130413_1_共徳丸
 <解体前の共徳丸>

2013092_10_共徳丸a
 <解体2日目の共徳丸>

20130901_1_共徳丸
 <解体前の共徳丸>




関連記事

共徳丸解体始まる

2013年09月19日 18:59

20130919_1_共徳丸
 <船首マスト解体>

 9月9日より共徳丸の周りに防護壁を設置され、19日より第18共徳丸の解体が始まりました。
 艦橋部分のマストを切断し取り外された後に船首マストが取り除かれました。2年半もの間ここに取り残されていたので船体は塗装がはがれやつれているようでした。
解体している様子を見ているうちに、何故か涙が出てきました。いよいよ取り壊しとなると感無量の想いがこみ上げてきました。

20130919_2_共徳丸
 <船首マストを切断>

20130919_3_共徳丸
 <唐桑鹿折駅より見た共徳丸>
関連記事

ジャンボジェットは永遠

2013年09月17日 14:26

20130917_3_千歳空港
 <千歳空港を離陸するボーンイング747>

 苫小牧よりフェリーで八戸に向かうのですが、時間が余ったので千歳空港まで足を伸ばし、ボーイング747を撮影しました。数年で日本の空を飛ぶ姿が見られなくなるので、見納めにと思いました。各地を講演していたときは羽田からジャンボに乗るのが楽しみでしたが、B787に乗ってみるとやはり旧型のB747は機体も重く、時代に取り残された感じでした。しかし、望遠例のレンズには最適の被写体で重い機体をゆっくりと持ち上げて飛んでいく姿はいつ見ても頼もしい限りです。
 もう一度ジャンボで空の旅をしてみたくなります。

20130917_2_千歳空港
 <千歳基地に進入するF15戦闘機>

 ジャンボを撮影していると隣の千歳基地では轟音をとどろかせ戦闘機が離着陸を繰り返していました。民間機より凄い音なので、離陸の時には体が震動を感じるほどでした。
関連記事

台風一過の白波

2013年09月17日 14:16

20130917_1_白老の海岸
 <白波を立てて荒れ狂う白老町の海岸>

 前日、北海道最後の前日は登別のカルルス温泉に泊まりました。この温泉は温泉来て良かったと思うほどのお湯で、大満足でした。この日は前日の台風の雨とは打って変わって晴天。日本晴れとはこの事を言うのではないかと思うほど雲一つ無い快晴でした。登別の海岸線を入っていると目に付いたのが海岸線の白波。台風通過で風が強くうねる波を撮影するには最適です。望遠レンズの圧縮効果を利用して苫小牧方面を撮影して見ました。
関連記事

台風の影響で今日も羊蹄山は雨

2013年09月16日 14:15

20130916_1_ニセコ
 <雨の羊蹄山>

 2日目も台風18号の影響で朝から雨降りが続いていました。朝起きてすぐに少し雨が小振りになったので羊蹄山が見えるポイントに移動して撮影を行いましたが、雨が強くなり中断。それならばとカンパリーニ藤山の体育館を借りて、撮影指導を行いました。卒業生は二手に分かれて雨のラフティングと汽車を撮影する班と撮影の基礎はピント合わせと絞りの関係を習得する班に分かれて行動しました。あいにくの雨の中でしたが楽し二日間を過ごす事が出来ました。
 雨の時は雨なりの撮影する被写体がある。雨でも撮影できると言うことが理解していただければ撮影会は大成功です。

20130916_2_ニセコ
関連記事

旧双葉小学校校舎

2013年09月15日 13:52

20130915_1_旧双葉小学校
 <旧双葉小学校の子供たちが残したレリーフ>

この日はかとうまさゆきデジタルワークショップ札幌一期生の集まりがニセコであるので参加しました。あいにくニセコは台風18号の影響で朝から雨でした。ニセコに向かう途中に喜茂別にあるこの旧双葉小学校を訪れました。そこには当時の思い出が沢山あり、目に付いたのが卒業制作で作った手形のレリーフです。「MKくん君は今いずこ」小学校の思いでは大人になってもわすれることはありません。心は喜茂別にあり。


20130915_2_旧双葉小学校
 <資料室に残された時代を感じる品々>
20130915_3_旧双葉小学校
 <アスパラガスで作っていたウィスキー>
関連記事


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。