Archives[ 2013年10月 ] - かとうまさゆき Kato Masayuki Photo Channel
FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気仙沼市民文化祭 方舟祭

2013年10月30日 11:44

20131030_市民文化祭_方舟祭1
<市民文化祭_方舟祭 フォトサークル気仙沼の作品展示>

 気仙沼市民になり、今回初めて市民文化祭に参加しました。地域の写真店で写真の指導をしている皆さんと一緒に市民文化祭に出展いたしました。
 気仙沼 リアスアーク美術館で10月30日(水)より11月4日(月)まで開催しています。
関連記事
スポンサーサイト

漁船一斉出港

2013年10月27日 23:57

20131027_1_.jpg
 <サンマ船の出港>

 27日、台風28号が過ぎ去ると漁を待ちかねていた各漁船が一斉に漁場へと出漁してきました。特にサンマは気仙沼から10数時間と漁場が近くなり、サンマの水揚げが本格的になってきました。台風26号・27号
が立て続けに三陸沖を通過していったので、水影が落ちていたのですがこれで挽回できる事を期待してます。漁師の皆さんがんばってください。

20131027_2_.jpg
 <鰹船の出港>


20131027_3_.jpg
 <大島と気仙沼を行き交うフェリー>


20131027_4_.jpg
 <近海マグロ船の出港>
関連記事

第十八共徳丸解体終了

2013年10月27日 22:16

20131027_4_共徳丸
 <共徳丸が解体された唐桑鹿折駅より>

02_8月3日_気仙沼_01
 <共徳丸が打ち上げられた唐桑鹿折駅より 2012年9月16日>

 東日本大震災で気仙沼市JR鹿折唐桑駅前に打ち上げられた第十八共徳丸の船体が解体され、覆われた防護塀が取り除かれ解体が終了しました。この地区は震災後の津波に加え火災が発生し、市内では一番被害が大きな地区でした。周辺は地盤のかさ上げ工事が始まり、共徳丸の解体が終了しので、復興への歩みが始まっています。鹿折地区の一日も早い復興が望まれます。
 解体が終わった後には震災時の車が一台取り残されていました。

20131027_6_共徳丸
 <共徳丸の解体が終了した鹿折唐桑駅の交差点>

20110504_共徳丸
 <震災直後の唐桑鹿折駅前の共徳丸>
関連記事

台風避難で漁船が鈴なり

2013年10月25日 22:27

20131025_3_台風避難
 <10月25日の台風避難をしている鰹漁船>

20131023_1_.jpg

 <10月23日の気仙沼港>

 台風27号の高波の影響で気仙沼港は久しぶりに漁船が大集結していました。台風避難で鰹漁船がこれだけ多く停泊する漁船は数年ぶりです。このほかにも商港岸壁ではサンマ船は3連繋ぎで隙間が無いほどの船団を見る事が出来ました。
関連記事

共徳丸の船体解体は終了

2013年10月23日 22:49

05_共徳丸_20131023
 <船体が無くなり、後片付けをする現場>

共徳丸解体風景600
 <第18共徳丸の解体記録> 

 9月中旬より船体の解体が始まった第十八共徳丸の解体がほぼ終わり、囲いで覆われ解体現場では後片付けが急ピッチで行われていました。解雇の工事が始まってから約2ヶ月、今月の末で解体が終了しそうです。解体現場となった鹿折地区では新しい街作りの為にかさ上げ工事は急ピッチで行われています。
関連記事

早馬神社例大祭

2013年10月06日 22:06

20131006_5_早馬神社例大祭

 <宿浦港から御神輿を乗せて一路御崎沖へ向かう第三十八漁徳丸>

20131006_4_早馬神社例大祭

 <第三十八漁徳丸に御神輿を乗せる>

20131006_3_早馬神社例大祭
 <津波で被災した町内を巡回し、早馬山へ>

20131006_2_早馬神社例大祭
 <早馬神社を出発する御神輿>

20131006_1_早馬神社例大祭
 <早馬神社例大祭開催>

 宮城県気仙沼唐桑半島に位置する早馬神社では、十月六日に例祭神幸船祭が行われました。東日本大震災による津波で神社の境内まで津波が押し寄せ、宿浦港一体は津波による大打撃をうけました。今年で震災後二年目の例大祭が行われ、神輿渡が町内を廻り、早馬山の麓に至り祈祷を行った後、宿浦港より漁船に神輿を積み12艘の漁船をお供に唐桑半島の先御崎(おさき)沖へと向かいました。十二艘の漁船が輪を描きながら3周し、御崎沖(おさき)にて祈祷を行い、その後競うように全速力で宿浦港へ帰ってきてきました。



関連記事

船体が少しずつ失われ行く共徳丸

2013年10月04日 22:03

20131004_2_共徳丸
 <あたりはコスモスが咲く共徳丸>

20131004_1_共徳丸
 <ブリッジ下部が船体より切り離される>

 共徳丸も日に日に船体がなくなっていきます。今日はブリッジ下部の左舷部分が切り離され、機関室の一部が見えてきました。あと数日もしないうちに船体は囲いの外から見えなくなってきそうです。



関連記事

飛鳥Ⅱ 大船渡港を出港

2013年10月02日 11:46

20131001_大船渡
 <一路横浜港に向けて大船渡港を出港する飛鳥Ⅱ>

 10月1日 大船渡港に飛鳥Ⅱが入港し、大船渡港は地元の方で大賑わいでした。歓迎セレモニーが行われるなど大型客船の入港を楽しんでいました。定刻17時飛鳥はタグボートに引かれ離岸、船首を変えて一路横浜港に向けて出港していました。知り合いの航海士にお願いして横浜港で一度飛鳥Ⅱの取材をしたとがあり、この日は対岸より飛鳥Ⅱの雄姿を撮影しました。山に霧がかかり、船体には灯りがともり美しい船体がよりいっそう輝いていていました。まるでアラスカで見たフィヨルドをいくような美しい雄姿を見てください。
関連記事

10月1日の共徳丸

2013年10月02日 11:28

20131001_2_共徳丸
 <一段と解体が進む船体>

20131001_1_共徳丸
 <10月1日の船体>

20130623_共徳丸
 <解体前の船体>

10月に入り共徳丸の解体は船体部分だけとなってしまいました。いろいろな場所から定点で撮影していても船体だけになり、囲いの周りからはだんだん船体も見えなくなってきています。
 今月末には解体工事が終わり、すべて撤収される予定です。

関連記事

鹿児島撮影会(平成25年10月13日)のお知らせ

2013年10月01日 08:22

20131013_s鹿児島撮影会パンフレット

 今年も鹿児島で撮影会が行われます。そのパンフレットが出来上がりました。鹿児島での撮影会も今年で9回目を迎えました。撮影地までバスの中での移動するので、参加者全員の自己紹介を兼ねた写真談義など楽し内容で皆さんが楽しめる内容になっています。特に好評なのがバスの中での撮影のポイントや撮影術などの講演で、初心者の方にもわかりるように写真による説明を行っています。モデル撮影・鉄道写真と続き、今年はコスモスと武家屋敷を撮影します。
 今年はVANGUARD(株式会社ガードフォースジャパン)さんに協賛していただき、撮影会コンテストの副賞賞品が提供されます。
 毎回「写真は楽しく」をモットーに撮影指導しているので、撮影会に是非参加ください。

第9回 かとう先生と行く 秋の北薩路で花(コスモス)の撮影を学ぼう
     上場高原のコスモスと出水の武家屋敷を撮ろう

日時   平成25年10月13日(日)
参加費  10,000円(昼食・夕食代含む)
募集人員 50名様
締め切り 9月15日
       
連絡先  事務局 松田(携帯 090-1512-2026)
関連記事


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。