Archives[ 2015年05月 ] - かとうまさゆき Kato Masayuki Photo Channel
FC2ブログ

薩摩川内市ではホタルが乱舞

2015年05月24日 23:09

20150524_樋脇町ホタル
 <鹿児島県薩摩川内市樋脇町のゲンジボタル>

 ゲンジボタルが最盛期を迎えた川内川中流域ではホタル船が出来るほどホタルが沢山棲息している地域でもあります。対岸の両サイドに無数のゲンジボタルが飛び交い、今まで見たことがないほどのホタルが乱舞し、生涯忘れる事が無いほどのホタルに感動をしてしまいました。しかし、川内川の支流である樋脇町近辺の川でも驚くほどのホタルが棲息していました。その一部ですが、綺麗な川には無数のホタルが星空のもとで乱舞していました。
関連記事
スポンサーサイト



鹿児島県祁答院藺牟田池で撮影会

2015年05月24日 22:57

20150524_1_藺牟田池撮影会
 <撮影指導をする私 参加者の方が撮影>

 薩摩川内フォトコンテストの審査委員長の就任のために鹿児島県薩摩川内市を表敬訪問してきました。その前段でフォトコンテンスへの応募を兼ねて撮影会を5月24日に実施し、撮影指導を行いました。当日の朝方は小雨が降っていたのですが、徐々に天候が回復し、青空になるほど良い天気になりました。参加者の皆さんお疲れ様でした。今回の方たちは自然な感じでストロボを使いテクニックを学びました。また、撮影時に明るさと、物前で見ている本当の色と比較し、実際の色と同じような色再現できる方法も学びました。人が見ている明るさと色を撮影時にデータ化し、保存できることが理解できたようで、皆さんから知れば簡単だという監査の言葉を頂きました。参加者の皆さんお疲れ様でした。
関連記事

ストロボ実践講座のご案内

2015年05月14日 10:35

撮影会案内

 鹿児島県薩摩川内市でストロボを使った実践教室を開催いたします。
自然光の中でストロボを使っても、ストロボを使ったように見せない撮影術を実践する講座です。

□連絡先 フォトショップys 米元茂雄  電話 080-4286-0876
  Pc : co_skr@ybb.ne.jp
  携帯: co_skr@i.softbank.jp

九州鹿児島近辺の方の参加を参加をお待ちしております。
関連記事

カツオ一本釣り船 初水揚げ

2015年05月13日 11:37

201505013_1_カツオ一本釣船初水揚げ
 <カツオの初水揚げ>

201505013_2_カツオ一本釣船初水揚げ
<一本釣りカツオの新鮮な漁体>

201505013_3_第27源吉丸乗組員
 <第27源吉丸の乗組員と手前左側から市長・漁協組合長 一人おいて漁労長の山本さん >

 本日、宮城県気仙沼港に今年初となるカツオ一本釣り船 第27源吉丸(三重県志摩市船籍)が入港しました。漁場は千葉沖約4時間ほどの海域で、まだ小振りですが生きの良いカツオの水揚げ(新口)が行われました。その後、菅原市長や佐藤漁協組合長、第27源吉丸の山本さんより挨拶があり、初入港を祝うセレモニーが行われました。
 漁労長の山本隆源さんは「台風避難で千葉県の勝浦港も考えたのですが、少し遠くても一番好きな気仙沼港に水揚げしたかった」と笑顔で話しをくれました。11日には巻き網船のカツオノ初水揚げがありましたが、今月末頃から少しずつカツオ船の入港が期待されます。
 第27源吉丸のカツオの水揚げが終了した直後の6時13分に宮城沖を震源とする深度5弱の地震がありました。市場も大きく揺れましたが、いち早い市場職員の対応もあり、すぐに市場が再開されました。
関連記事

気仙沼市民の森 徳千丈でツツジが見頃を迎える

2015年05月11日 16:01

20150511_徳千丈
  <徳千丈山の第一展望台から気仙沼湾を望む>

20150511_2_室根山方面
 <徳千丈山の第一展望台より室根山方向を望む>

五月晴れとなった今日、標高711mの山を真っ赤に染めるツツジが見頃を迎えています。徳仙丈山の駐車場から山頂付近に掛けて東京ドーム10個分のツツジが咲き誇っています。ここのツツジの群落は日本一のつつじの名所と呼び名の高い名称で、駐車場から15分ほどで第一展望台に登ることが出来ます。この展望台から眺めるツツジの群落は山を赤く染めると言うほど絶景を見渡す事が出来ます。今年のツツジは5年繰りの見事な花を咲かせています。気仙沼側の駐車場までのアクセスロードは大型バスが通行できるように整備されて、駐車場付近からツツジを散策できます。今週末には満開となるので、山一面のツツジと気仙沼湾の眺望を堪能してください。
関連記事

栗駒山中腹のカツラの芽吹き

2015年05月03日 21:19

20150503_2_カツラ
 <栗駒山中腹にそびえ立つカツラの大木>

20150503_1_カツラ
 <倒木しても新たにそびえ立っているカツラの大木>

 残雪が残る栗駒山の中腹に大きな桂の大木がそびえ立つ場所があります。毎年この地を訪れるのですが、今年は雪が多く、この日も雪崩が発生し、栗駒山へいく道路が全面的に閉鎖されていました。そんな栗駒山でも雪が解ければ新緑となり、新たな命が芽吹き始めていました。この時期のカツラの葉はとても綺麗で、新緑を茂変えた森の中に佇んでいると、身も心も洗われるようで、何時間でもこの地でとどまっていたくなるような森でした。
関連記事


最新記事