Archives[ 2018年04月 ] - かとうまさゆき Kato Masayuki Photo Channel
FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮城県気仙沼市 武山米店復元

2018年04月27日 17:52

20180427_1_竹山米店

 <建設当時の復元が完了した武山米店>

 宮城県気仙沼市の国登録文化財の武山米店の復元工事が終わり、本日報道陣に公開されました。東日本大震災の津波で被災し、店舗と母屋の復元工事がようやく終わり、一般公開も行われます。昭和の大火の翌年(1930年)に敷地にあわせた扇形の屋敷が特徴の建物で、建設当時の面影を残したまま再現されています。津波は二階まで到達しましたが、土影に至るまで建設当時の建材を再利用して再建されています。また、観光客向けにペン型端末のWi-Fiを導入し、日本語を始めとし、英語・中国語・インドネシア後などに翻訳し、建物の各所を音声ガイドで紹介する仕組みとなっています。ゴールデンウイークには一般公開されるので訪れて見てはいかがでしょうか。

20180427_2_竹山米店
<手前が広く奥に行くに従って背無くなる変形した建物で、炊飯器の資料館になっています>

20180427_4_竹山米店
 <二階に上がる階段は左右に分かれ、当時のまま復元されています>

20180427_3_竹山米店
 <二階は応接間になっており、畳から建物の変形具合が分かります>
関連記事
スポンサーサイト

みんなの笑顔プロジェクトとちょいのぞきコラボ開催

2018年04月21日 21:30

20180421_7_笑顔Pin気仙沼
<海の市の「氷の水族館」で撮影する参加者。マイナス20度の世界は寒いのですが、子供たちは大はしゃぎでした>

 4月21日にキヤノンマーケテイングジャパンの「みんなの笑顔プロジェクト」と気仙沼の仕事や暮らしの魅力を体験する「ちょのぞき」がコラボレーションし、岡本製氷の氷を作る裏側と氷の水族館を見学しながら、思いでの一枚を撮影するプロジェクトが行われました。最初に挨拶が行われ、参加全員に一眼レフカメラが手渡され、カメラの操作説明の後に氷を作る岡本製氷の工場に向かいました。そこでは氷の氷の水族館に飾ってある氷の彫刻の作り方を見学し、氷の貯蔵庫の中へと入りました。当日は夏日となるほど暑い日でしたが、マイナス10度近くの氷の貯蔵庫に入るために参加者は防寒着を持参しきました。この日今年初となるカツオ巻き網船の初水揚げとあって、貯蔵している氷が朝方消費され、少し少なかったそうです。そして、大きなノコギリを使って氷の切り出し体験が行われました。その後に切り出した氷でかき氷が振る舞われ、気仙沼名産の階上イチゴの手作りのシロップがかかったはかき氷はあっという間に食べ尽くしてしまいました。その後気仙沼に水揚げされる魚を氷の中に展示しているマイナス20度の氷の水族館を見学しましたが、10分ほどであまりの寒さにびっくりしていました。岡本製氷の氷の透明度は日本有数の高い透明度の技術があるので、生きたままのような姿していたので、子供は大はしゃぎでした。ひとり一人が撮影した写真は大きく引き伸ばした後でみんなで講評し、参加者全員にプレゼントされました。参加者した人たちからは「楽しかった」とか、「思い出がつくれました」
などの写真の魅力を再発見した一日を楽しむことが出来たようです。参加者の子供のなかにはプロカメラマン顔負けの作品を撮影した子供がいて、将来プロカメラマンになれるような子供がいたので、将来が楽しみになりました。

□気仙沼 ちょいのぞき
 URL : https://cyoinozoki.jp/
□キヤノンマーケティングジャパン みんなの笑顔プロジェクト
 URL : http://cweb.canon.jp/csr/egao/index.html

20180421_2_笑顔Pin気仙沼
 <氷の彫刻を作る様子を見学>

20180421_3_笑顔Pin気仙沼
 <マイナス10度ほどの氷の貯蔵庫で記念撮影>

20180421_4_笑顔Pin気仙沼
 <氷の切り出し体験>

20180421_6_笑顔Pin気仙沼
 <夏日とあってかき氷は直ぐになくなりました>
関連記事

キヤノンフォトクラブ岡山 第35回写真展開催のお知らせ

2018年04月03日 11:57

2018岡山写真展用写真_横山
 <2017年最優秀年度賞受賞作品 作品名「魚」 横山澄子さんの作品>

2018CPC岡山写真展案内s


 4月10日(火)から私が担当するキヤノンフォトクラブ岡山の第35回写真展が開催されます。デジタルの指導を初めて2年が経過しましたが、会員の多くはデジタルの基礎が理解できたようで、質感描写が徐々によくなってきています。デジタルを自己流で行う方が多いなかで、基礎が理解出来るようになってきたので、作品の質は担当したときよりも向上しています。s完璧とはいきませんが、質の高い作品を見る事が出来るので、是非写真展をご覧頂ければ幸いです。
 また、デジタルを楽しみたい方や習いたい方は会場で、キヤノンフォトクラブ岡山の石田さんまで連絡してください。
関連記事


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。