Archives[ 2018年05月 ] - かとうまさゆき Kato Masayuki Photo Channel
FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島城へ

2018年05月27日 22:31

20180527_7_広島城
 <夕闇せまる広島城>

撮影会が終わり広島に戻ってきました。ようやく一人きりの広島を満喫するために広島城を訪れました。今まで何度も広島を訪れているのですが、広島城を見たことがなかったので、夕食がてらに広島城を訪れました。しかし、お城の改修工事が行われており、場内へは入る事が出来ませんでした。仕方が無いのでお濠を一周しながら美しいお城を見て回りました。夕暮れから空の色がマジックワーとなる頃広電の走る繁華街を目指しました。広電の写真を数カット撮影しながら、今日の夕食を求めて闊歩したのですが、次官も遅くなり、お寿司屋さんに入り、日本酒を飲みながら鋭気を養いました。明日は広島空港から自宅へ戻ります。

20180527_8_広電
 <広電の新旧車両>

20180527_10_広電
 <アーケード街の目抜き通りを走る広電>
関連記事
スポンサーサイト

二日目に入ったキヤノンフォトクラブ合同撮影会

2018年05月27日 19:47

20180527_1_こぬか踊り
<こぬか踊り>

20180527_4_こぬか踊り
 <こぬか踊りの踊り手さんたち>

20180527_6_こぬか踊り
 <子供たちも参加しました>

20180527_2_こぬか踊り
<襟足の美しさ>

 キヤノンフォトクラブ中四国合同撮影会二日目は岩国地方に残る伝統的なこぬか踊りの撮影から始まりました。こぬか踊りの起源は江戸時代で、約400年の歴史を持つ盆踊りです。男女の出会いを意味する言葉の表現がとても良いのですが、それが仇となり途中途絶えていたそうです。こぬか踊りを復活する人たちのお陰で少しずつ伝統的な踊りを拝見する事が出来ましたです。私も毎年西馬音内の云踊りを撮影しているので、その大変さは実感しています、しかし西馬音内では子供が帰宅した後に昔ながらの盆踊りの歌い方をしているので、運用方法によってはこれからもさらに広まっていくような気がいたします。その苦労の甲斐があって今回の撮影会でお披露目をしていただきました。子供たちも参加するるようになり、益々その広がりが期待できそうです。こぬか踊りを披露していただいた皆さん大変お疲れ様でした。また、この撮影会を運営していただきました関係者の皆さん当方にありがとうございました。楽しい二日間を過ごすことが出来ました。ありがとうございました。
[二日目に入ったキヤノンフォトクラブ合同撮影会]の続きを読む
関連記事

夜の撮影会は錦帯橋で

2018年05月26日 23:37

20180526_4_岩国_錦帯橋 
<夜の錦帯橋>

 キヤノンフォトクラブ中四国合同撮影会で講演や宴会が終わると今度はキヤノンフォトクラブ広島主催の星の撮影会が行われました。自主的な参加でしたが、やはりキヤノンのスタッフの皆さんと一緒に参加しました。夜は写らないといってた参加者の皆さんに星の撮影の仕方を伝授し、星の円周運動の作品撮影やISO感度上げた撮影の仕方を指導できたので、皆さん驚いていました。こんなに簡単に夜景や星の写真が撮影出来るのかと驚愕していました。また、夜間撮影時のホワイトバランスによる色合わせやなどの質問も飛びだし、夜景撮影の色が合わないという問題も解決できたようで、自主参加の方たちは24時近くまで撮影をしていました。
関連記事

キヤノンフォトクラブ中四国地方合同撮影会開催

2018年05月26日 23:36

20180526_3a_.jpg
 <撮影会のモデルさんたち>

 今日はキヤノンフォトクラブ中四国合同撮影会開催の日です。主催はキヤノンフォトクラブ広島で、毎年7支部で持ち回りで合同撮影会を開催しています。この日の午後、錦帯橋近くのホテルに集合し、錦帯橋を渡り、撮影場所へと向かいました。この日は朝方は少し薄日が射すほどの天気でモデル撮影会には最適な天気でしたが、午後からは晴天となり陽射しの強い首の下に影が写り込んでしまうほどの後天になってしまいました。そのために日陰の場所で撮影会を行い、キヤノンが新しく投入した人工知能を持つスピードライト470EX-Aiを使ったストロボの撮影を実践しました。また、夜の講演ではストロボの使い他を行いました。ストロボは暗いから使うのではなく、日中シンクロで輝度差の強い被写体の輝度を緩和するために使うという方法をストロボ使用前と使用後の作例をミ比較しながらわかりやすく説明しました。多くの方たちはマクロ撮影だけではなく、風景の撮影などでも普通に使える撮影方法を理解できたようで、「このような使い方ができるのだ」と食い入るように学んでくれました今回の講演では新しいストロボの使い方の扉を開くことが出来たようです。

 
関連記事

広島に到着

2018年05月25日 23:10

20180527_9_広電
 <夜の広電を撮影>

 キヤノンフォトクラブ広島主催の中四国合同撮影会のために広島に到着しました。食事をする為に夜の街へと出かけ増した。、やはりカメラを持って広電を撮影しました。私にとって市電は神奈川県川崎市駅前より乗っていたので、懐かしさで一杯です。特に夜の繁華街を走り行く市電と人の営みが素敵な街です。信号機は広電専用ではなく、通常の交通信号と同じなので、写真のように歩道を急いで渡る人の姿を撮影できるのも市民の足として走っているからです。人の生活と一緒に歩み続けてきた広電も新型車両が多くなってきています。
関連記事

キヤノンフォトクラブ中四国合同撮影会下見

2018年05月25日 22:45

20180526_1_.jpg
<錦川を遊覧する船の船頭さん>

 キヤノンフォトクラブ中国四国地方合同撮影会の現地を下見するために岩国に来ました。広島を朝早く発ち、錦帯橋を見ながら吉花王公園・吉川資料館・吉香神社など岩国藩が治める城下町を散策しながらモデル撮影の撮影場所を下見してきました。吉香神社付近と岩国徴古館を候補に挙げ、下見を終了し、集合場所へと向かいました。その途中錦川に架かる錦帯橋を見たときに鵜飼い船の船頭が竿を操りながら船を岸に寄せる姿を捉える事が出来ました。
関連記事

岩永三五郎の最後の石橋

2018年05月24日 23:02

20180522_1_高江町_江之口橋
 <岩永三五郎が手がけた最後の石橋 江之口橋>

 鹿児島県薩摩川内市高江町の八間側に架けられた眼鏡橋は現在も生活道路として使われています。160年も前に作られた橋は車が往来しても壊れることなく現在も使われているほど昔の技術力の高さに感激します。この江之口橋は岩永三五郎が薩摩編の仕事としては最後に作られた橋として語り継がれています。この橋の仕事を最後に三五郎は古里肥後(現在の熊本県)に帰ったと伝えられています。薩摩藩は石橋の制作の技術を盗まれないように三五郎に刺客を差し向け、現在の出水付近で捕まえましたが、腹を据えた三五郎の態度に感心し、秘密裏に三五郎を逃がしたとも言われています。この頃の薩摩藩の財政は厳しく、藩が資金を出したのではなく、市民から資金を出し合って造られたとも言われていいるので、藩が資金を出して造った甲突川五石橋(玉江橋、新上橋、西田橋、高麗橋、武之橋)などから比べると質素な石橋となっています。
関連記事

薩摩川内市でホタルの撮影会

2018年05月20日 23:08

20180520_2_ホタル撮影会
 <川内川のホタルの名所で撮影会を行いました>

20180520_1_ホタル撮影会
 <撮影会に参加した人たち>

 鹿児島県薩摩川内市でSIGMA(株式会社シグマ)協賛によるホタルの撮影会が行れました。前日の講演ではシグマの担当者による最新のレンズ技術の説明と私の「ホタルの撮影会の仕方」の講演が行われました。 撮影会当日は午前中は曇り空でシグマ性の超広角系の明るいレンズを貸し出し、昼間の撮影を開始しました。午前中にレンズに慣れていただき、夜の撮影へに臨みました。五時頃には現場に到着し、カメラのセッティングを完了し、ホタルの撮影の準備が整いました。陽が落ち暗くなるにつれて、レンズ開放の明るさが威力を発揮し、明るいファインダーの中でホタルを撮影することが出来ました。しかし、昨年の5月の集中豪雨でホタルが流された事が影響し、今年はホタルの数が少なかったのですが、開放F値が明るいレンズでのホタル撮影に皆さん満足げでした。
関連記事

岩永三五郎が架けた石橋の技術

2018年05月17日 21:59

20180517_1_石橋公園_玉江橋
 <石橋記念公園に移築された高麗橋>

20180517_6_石橋公園_玉江橋
<石橋記念公園の高麗橋>

 鹿児島市内にある石橋記念公園には昔甲突川に架かっていた石橋が移築されています。昔は甲突川にあった石橋が1993年(平成5年)の8月6日の鹿児島大水害で)大雨の影響で橋が崩壊したために、この地に石橋が移築さらました。現在の熊本菊池の石工であったった岩永三五郎が薩摩藩の命により鹿児島県内の石橋を弟子と共に作り上げてきました。甲突川五石橋(玉江橋、新上橋、西田橋、高麗橋、武之橋)を架けたことで岩永さん五郎の功績は薩摩藩に知れ渡りました。その石橋の後術を見る事が出来るのがこの記念公園です。その一つ玉江橋の技術はアーチ以外でも素晴らし技術が用いられています。石橋の橋脚の上流部と下流部の水の抵抗を軽減させる設計になっており、当時の設計や施工技術の高さを物語っていました。アーチ状の石橋の美しさや施工技術は後に皇居の二重橋へと受け継がれています。

20180517_2_石橋公園_玉江橋
 <玉江橋の上流部の橋脚の土台は丸みを帯びて水の抵抗や流木から橋の守るようになっています>

20180517_3_石橋公園_玉江橋

< 一方下流側の土台は渦を軽減させるための流線型で、底の土砂を巻上げないように土台を守っています>

20180517_5_石橋公園_岩永三五郎
 <岩永三五郎の石像>
関連記事

鹿児島は明治維新150年

2018年05月16日 20:43

20180516_1_鹿児島
 <鹿児島市天文館前を走る市電>

 友達が脳梗塞で倒れ、リハビリをしているのでお見舞いを兼ねて鹿児島にやってきました。2年振りに訪れた鹿児島の天文館一体は活気がありました。夜遅くなっても人通りが途切れることはなく、街が発展している様子を垣間見ることが出来ました。今回超広角系レンズを使って街のあちらこちらを散策しながら作例を撮影してみました。明るいレンズなので絞りを開放にして市電にだけピントを合わせて、スローシャッターで流し撮りをしてみました。レンズのキレの良さが出ています。普段テレビを見ない私もNHKの大河ドラマ「西郷どん」だけはみるようになりました。市電にも「薩摩が近代日本を開いた」「明治維新150年」などと描かれ、鹿児島県では西郷どん一色で盛り上がっていました。
関連記事


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。