「みちのくGOLDろまんツーリズム」モニターツアーに参加 - かとうまさゆき Kato Masayuki Photo Channel
FC2ブログ

「みちのくGOLDろまんツーリズム」モニターツアーに参加

2018年03月20日 22:39

20180320_2_砂金採取
 <砂金の採取をする参加者たち>

 3月20日 宮城県涌谷町で砂金取りのモニターツアーが行われました。主催は宮城県涌谷町で、共催は宮城県気仙沼市・南三陸町、岩手県陸前高田市・平泉町とともに1250余年にわたり気仙地方から産出され黄金文化の象徴である黄金の国ジパングの歴史とこの地方から採取した金を「金メダル」の一部としてつかってもらうためのモニターツアーでした。参加者は行政職員の他に観光業者や金に関わる一般の方が参加していました。当日は東北博物館の千葉正利氏より砂金に関する知識や歴史の話から始まり、砂金取りの練習が行われました。その後参加者たちは涌谷町の川に入り砂金取りを実施しました。天平ろまん館での砂金採取の練習では皆さん上手に砂金を採取していたのですが、午後からは近くの川に入り砂金採取をしました。自然界の川での砂金採取はみなさん思うようにいかず、砂金の採取は難しかったようです。愛知県から参加したマニアの方がとても上手で、その方が砂金の溜まる場所などの指導をすると、砂金の採取が一気に増えました。しかし、自然界で砂金の採取は厳しいものでしたが、参加者の皆さんは東京オリンピックのメダルの一部になるだろうと言う思いから頑張っていました。採取した砂金は天平ろまん館に展示し、これからも参加者の集めた砂金を展示し、沢山集めて東京2020 オリンピックの金メダルの一部になるとうれしいですね。
 今年の4月頃には関連自治体で提出した産金地にまつわる「みちのくGOLDろまんツーリズム」の日本遺産の審査会が文化庁で行われます。認定されると参加自治体でいろいろな催しが開催されるとの事なので、産金地に関わる日本遺産の認定が楽しみです。
 天平ろまん館URL : http://www.tenpyou.jp/
 
20180320_1_砂金採取
 <天平ろまん館での砂金取りの練習>

20180320_3_砂金採取
 <自然の川に入り砂金採取 赤枠のキラリと光る小さな三つが砂金です>

20180320_4_砂金採取
 <モニターツアーに参加した方々で、手に小さな瓶をかざしている方が砂金を採取した方たちです>



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masayukikato.blog.fc2.com/tb.php/655-45d6ceef
    この記事へのトラックバック


    最新記事